眼精疲労 疲労とイライラ解消?ブログ 頑張って行こー\(*⌒0⌒)b♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク


眼精疲労の回復

パソコンやテレビゲームで眼を酷使すると、決まって首周りや肩がこってくる
ことはありませんか? 

EyesPic

眼精の疲労が身体のあらゆる箇所に影響を与える…というのも理解できる気が
します。


では、 『眼精疲労』 を回復させるには、どのようなケアが必要なのでしょ
うか? 

まず挙げられるのは、 『温パック』 などによる目の周辺の血行促進です。

喫茶店などでも、温かいおしぼりを目の上にのせている人を見かけてことは
ありませんか? (笑

『温パック』とは、お風呂の温度よりもやや熱めの蒸しタオルなどを瞼(マブタ)
にのせてパックするというもの。最近では、ドラッグストアなどでも専用の
温&冷兼用のジェルパットなどが販売されていたりするのでご存知の方も多い
ケアだと思います。

目の上に熱めの蒸しタオルを3〜5分ものせておけば、眼の周辺がじわじわと
温まってきて、非常に気持ちが良いです。そして、温パックの後もしばらくは
目を閉じてゆっくり休めば完璧です。


もう一つは、 『目の周辺のツボマッサージ』 です。

目の周囲にある 『太陽』 や 『瞳子リョウ』 といったツボを押したり、
揉んだりすることで目の疲労を取り去ることができます。

中でも眼精疲労回復に効果的なツボは、 『晴明(せいめい)』と呼ばれて
いるツボなのだそうです。 『眼が疲れた〜』 という時の定番ポーズを
取ってみるとすぐに分かると思います。(笑

つまり、 『目頭と鼻の付け根の間のくぼみ』 です。

その 『晴明』 というツボを両手の人差し指の腹などで鼻柱へ向けてしば
らく押して、力を抜く…これを5〜6回繰り返すのが、かなり効果的なのだ
そうです。


その他の方法としては、 『ビタミンB12』 が配合された目薬をさすと
いうのも簡単な方法にしては効果的なのでオススメです。

しかし、 『眼精疲労』 は原因に応じた適切な予防方法を取ることが大切
だ言われている症状でもあり、症状が酷くて長引いている場合などは、素人
考えで対処したりせずに、必ず眼科医の診察を受けるようにしましょう。

総合目次へ>> | 疲労回復(;´・`)> | イライラ&ストレス解消 o(`ω´*)o

眼精疲労

高校の頃から視力がガタ落ちして以来…私はメガネの厄介になっています。

EyesPic

こればかりが原因ではないと思いますが、ちょうどファ○コンが流行り始めて
ドップリとハマり込んでいた時期です。(笑


では、最近良く耳にする 『眼精疲労』 とは、どのような疲労なので
しょうか?

読んで字のごとく… 『目の疲労』 の一言に尽きますが、 『疲れ目』など
との違いはあるのでしょうか? 少し気になります。(笑 

『疲れ目』 とは、比較的症状の軽い一時的な目の疲れのことです。一時的な
目の疲れなので、目を休ませることで回復が可能です。

それに比べて 『眼精疲労』 とは、 たとえ目を休ませても疲れが取れな
かったり、目の疲れが回復してもすぐに疲れがぶり返してしまうなど…疲れ目
の症状が重くなった状態のことなのです。

では、 『眼精疲労』 には、どのようなケースがあるのでしょうか? 

『眼精疲労』には、
 1.眼の病気のために視力障害を起こしているケース
 2.眼の疲労によっていろいろな症状が出ているケース

2つのケースに分けられると言います。
パソコンなどを使う視覚労働に携わることが多い現代人にとっては、後者の
ケースが多いのではないかと考えられます。

EyesPic

一般的に、眼の疲れは睡眠などで十分に回復させることができます。
しかし、やはり年齢や目を酷使させるなどの疲労蓄積の慢性化によって、
その回復力は著しく低下してしまいます。

そして、眼精疲労の代表的な症状としては、 『物が見え難い』 『眼が痛く
なる』 などのが挙げられ、意外なことですが、 『肩こり』 も眼精疲労が
原因で起こっている可能性があると言います。

また、瞳孔の調節機能の低下にともなって、夕方なのに『まぶしい』といった
感覚に襲われることも眼精疲労の症状なのだそうです。

そして、 『眼精疲労』 の症状が進行することで、今までになかった『頭痛』
『腰痛』 など…別の症状にも悩まされることになるのです。

どちらかと言えば、肉体的な疲れだけに注目してしまいがちですが、眼の疲れ
もしっかりとケアしておかないと、思わぬ落とし穴が待っていると言うことの
ようです。

総合目次へ>> | 疲労回復(;´・`)> | イライラ&ストレス解消 o(`ω´*)o

【ちょこっと告知】
・幣ブログと相互リンクして頂ける健康関連のサイト様を募集致しております。
 万が一、リンクをご検討頂ける健康サイト様がいらっしゃいましたら、ご面倒ではございますが こちら で詳細を
 ご確認頂き、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

EyesPic
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。