うなぎ 鰻 疲労とイライラ解消?ブログ 頑張って行こー\(*⌒0⌒)b♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク


うなぎ 鰻



あなたの今晩の食事は何でしたか?


こんばんは。

今日 7月30日は、 土用の丑の日 です。

さてさて、 土用の丑の日 ってどんな日何でしょうか?


土用とは・・・

立春・立夏・立秋・立冬の前18日のことで、年に4回


丑の日とは・・・

昔の暦で、十二支の『丑』にあたる日

・・・のことを言います。


では、土用の丑の日・・・っと言えば?

そう、もちろん 

unagi.jpg

う な ぎ ですよね。(笑)


では、どうして 土用の丑の日 = うなぎ なんでしょうか?

実は・・・

土用は、夏は酷暑、冬は厳冬・・・つまりは、健康上危険にさらされやすい時期だと言われていたそうです。

また、丑の日というのは、災難を受けやすい日とされていて、
丑の方角(北北東)の玄武という守護神が、 黒い神様だったために、おまじないとして「黒いものを食べる」ということがあったそうです。

ですから、 うなぎ どじょう しじみ なす ・・・といった食材が食べられたようなのです。


もうひとつの説は、皆さんご存知のアノ人・・・

江戸時代の蘭学者 平賀源内 が、うなぎ屋の宣伝用に書いた

本日、土用丑の日

・・・というキャッチコピーが、うなぎ屋に大繁盛をおもたらしたことによるそうです。


以上のような理由から、最も暑さが厳しい時期に、夏バテ防止や体力回復に うなぎ を食べると言う習慣に繋がったと考えられています。


実際に うなぎのパワーって凄いんですよ。(笑)

●ビタミンA
皮膚や粘膜を健康に保ち、免疫力を高めて細菌やウィルスから身体を守ってくれる。

●ビタミンB1
疲労回復に効果があると言われている。

●ビタミンE
抗酸化作用や細胞の老化を防ぐ働きがあると言われている。

●さらに、DHAやコラーゲン、鉄、亜鉛

・・・などが含まれているんです。


まさに、暑い時期の疲れた身体には、かなり嬉しい食材と言えそうですよ。


まだ食べていない方は、明日にでも うなぎ は如何でしょうか?








総合目次へ>> | 疲労回復(;´・`)> | イライラ&ストレス解消 o(`ω´*)o
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ちょこっと告知】
・幣ブログと相互リンクして頂ける健康関連のサイト様を募集致しております。
 万が一、リンクをご検討頂ける健康サイト様がいらっしゃいましたら、ご面倒ではございますが こちら で詳細を
 ご確認頂き、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

EyesPic
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。